就活の軸は作るな!内定を取るための自己分析のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、ただの元人事です。

就活を進めるにあたり、多くの学生が最初に行う事は「自己分析」と「就活の軸作り」だと思います。

一方で、私は就活の”最初”に「自己分析」を深く行い、確固たる「就活軸」を作るのはリスクだと考えています。

何故なら多くの学生の行う「自己分析」にはゴールが無く、就活の”最初”に行う「軸作り」は視野を狭くする、という2つの弊害がある為です。

今回は就活で迷子にならないように、そして少しでも行きたい企業を見つけ、そこから内定を獲れるように、私が考える「自己分析と就活軸」をお伝えしていきます。

21卒・22卒から勉強会の連絡がDMに沢山きていますが、LINE@で告知しているので興味がある方は「勉強会告知用LINE@」からご参加ください。

1.就活の最初に『軸作り』を”しなくてはならない”という間違い

1-1.就活の軸作りの為に”とりあえず”始める自己分析

多くの学生は就活の最初に『就活の軸作り』を目指し、その手段として『自己分析』を行います。

自分の過去の経験を振り返りながら「私は何が好きなんだろう」「俺は何が得意なんだろう」から始まり、「こんな経験してきたな。それってなんでやろうと思ったんだろう」「〇〇みたいな想いがあったんじゃないかな」のようにどんどん自分の過去を振り返っていきます。

また就活本や就活アドバイザーの人たちも同様に『就活の軸作りの重要性』を説きます。

「まずは就活軸を作らなくてはいけません。そうしないとあなたのやりたい事は見つからない。」と、さも軸の無い学生は”間違い”の様に扱い、一方的に『軸作り』や、その為に『モチベーションマップ』の作成をやらせます。

その結果、就活の”最初”に”とりあえず”で始めた自己分析から『就活の軸』が生まれ、そこにマッチする業界や企業、仕事探しを始めます。

しかし、私は就活活動において”最初”に作った『就活の軸』は大きな弊害があると私は考えています。

1-2.”最初に就活軸を作る”2つの弊害

最初に『就活の軸』を作ると大きな2つの弊害が出る可能性があります。

1.『視野が狭くなる/可能性を限定してしまう』パターン

これは自己分析の結果、そこで見えてきた自分の『就活の軸』を絶対的なものと信じ込んでしまい、視野が狭く限定的になってしまうパターンです。

自分にはこの業界や仕事が向いていると思い込み、もうその業界しか受けれなくなるのです。

もちろん受かる場合もありますが、万が一落ちてしまったりすると「他の仕事に興味が持てない」や「今から他の業界をどう探していいか分からない」となってしまう学生です。

2.『自分を見失う』パターン

このパターンは当初に”なんとなく”興味を持っていた業界や仕事が自己分析の結果(自分の過去の経験と不一致などにより)、「この業界や仕事に向いていないのでは無いか」と迷走してしまう学生がいます。

その結果、志望動機の作り方が分からないと言って、身動きが取れなくなる/ESが出せなくなる。面接でも自分自身を信じる事が出来ずに、自分の想いが曖昧な状態で臨んでしまいます。

上記の様に就活の”最初”の自己分析で就活の軸を作ることには弊害を伴う場合があります。この本質は自己分析をすると「過去からしか未来の選択が出来無い」と勘違いしてしまう事にあります。

1-3.就活のゴールは何か?

私は就活のゴールは2つあると考えています。

1.行きたい企業から内定を獲得する事
2.行きたいと思える企業に”出会う”事

この中で就活の”最初”に行う『自己分析』と『就活の軸作り』は就活生の可能性を無くしてしまっているのではないか?と思います。

企業との出会いは”偶然”だったり”縁”もあったりします。

私自身、就活の最初はBtoCメーカーを中心に見てたのですが、たまたま行った三井住友銀行の説明会で「銀行って楽しそう」と思い、志望業界が180度変わりました。

また、たまたま大学に説明会に来ていて、その日時間があったからという理由で行ったワコールの説明会で「イチロー選手が使っているスポーツウェアを作っています。

私もイチローさんと握手した事あります」と人事が話をしているのを聞いて「うわぁ、イチローに会える会社だ!」とBtoCメーカーの中で唯一ワコールだけ受けていました。

私の就活は偶然や縁の連続だったと思います。そんな私だからこそ、就活生には『就活の軸』の囚われる事なく、沢山の業界や企業を見て欲しいし、知って欲しい。

そして、本当に行きたいと思える企業に出会った時に『内定を獲る確率』を少しでも上げて欲しい。そう考えています。

2.就活の軸は2つある!『本音軸』と『建前軸』を分けよう。

2-1.下手な自己分析/こんな学生になるな!

多くの就活生は以下のような過去堀りの自己分析をして自分の就活軸や面接で話すネタを一番最初に決めます。

・大学ではサークルを頑張って結果を出した

・高校では部活で頑張って結果を出した

・中学では勉強を頑張って成績が上がった

・私は自分が成長して結果を出した時が楽しいんだ

・自己成長ができる会社にいきたい

・面接で話すエピソードも自己成長に関連した文章を作るぞ!

この方法で就活の軸を最初に作ってしまうと面接の中でも「自己成長」の呪縛から一切離れることが出来なくなります。

「私の就活の軸は自己成長です。志望理由は御社が一番自己成長できると思い、、、」というフレーズから外れられなくなるでしょう。

就活ではこれが一番怖いのです。あなたの人生には自己成長しかないという思考に陥ってしまうと、企業が自己成長欲の高さを重要視していなかった場合や、面接官からの自己成長以外の話を振られた時に全くアドリブが効かなくなるのです。

人事は会社にとって必要な要素を抽出して、活躍できる人材像に合わせて評価項目を作り面接をしています。

ただ自分の就活軸を最初に作ってしまうと、独りよがりの主張しかできなくなるのです。

運良く企業がそういう人材を求めていれば内定が出るかもしれませんが、そんな上手くいくわけはありません。

企業が求める人材の仮説を立て、逆算的にこの仮説を証明する要素を自分の過去の経験から探してきて軸とする方がはるかに内定確率が上がるのです。

2-2.内定を獲るための自己分析は本音軸と建前軸を使いわけろ

軸は常に変わり続けます。私も就活生の時に想像すら出来なかった人生を歩んでいます。今も10年後に何をしているかなんて想像も出来ません。

だからこそ皆さんも人生を考えるための自己分析は気楽に考えてください。

その中で就活では『本音軸』と『建前軸』の2つを持つ事が大事だと思います。

1.本音軸

本音軸は綺麗事を抜きにした企業選びの軸です。自己分析をする事で自分のやりたい事が全て見えてくる!みたいな考えはやめてください。

間違いなく、あなたの就職活動の視野が狭く/勿体無くなっていきます。

どんなに自分の人生を振り返って考えて考えて考え抜いたところで、3人に1人は数年後に転職するのです。だからこそ難しく考えずに今の本音を大事にしてください。

年収が高い、ホワイト企業が良い、安定している方が良い、モテたい、、、etc

企業選択の理由なんてこんなもので良いのです。業界なんて関係ありません。

ただ、本音軸を大事にする中でその基準を作るのは『情報量』です。先入観で「この業界はなんとなく違う」と思い込むのでは無く、一度説明会などに足を運んでから「やっぱり違った」と判断して下さい。

百聞は一見に如かず。

自分の脚と目と頭を使って、まずは一度企業の情報収集した上で本音を大事にするようにしてください。

偶然や縁から最初に考えていた本音が変化する企業に出会えるかもしれない。それも就職活動の面白さです。

2.建前軸

建前軸は内定獲得の為の軸です。

本音軸で企業選択をすれば良いですが、面接で「年収が高いから志望する」「ホワイトだから志望する」という学生は落とされるのが就活です。

だからこそ志望企業の求める建前の軸を作らなくてはいけません。建前軸と本音軸は完全に別物です。

もちろん本音軸と建前軸が全て一致する方もいるとは思いますが、私は多くの学生は切り分けて考えて欲しいと思っています。

先ほども簡単に触れましたが、従来の就活生は自己分析による過去堀りを繰り返して、自分の就活軸を一番最初に決めてしまいます。これを行うとゴールなく、哲学者の様に永遠と自己分析をし続けてる学生もいます。

建前の軸は、自分の志望企業に必要とされる要素を分解して逆算することが大事です。従来の自分発信の自己分析ではなく、ゴール(志望企業)を想定した自己分析をしていくことが最も内定獲得に効率よくアプローチできるのです。

3. 自己分析はパズルのピース集め

3-1.自己分析はパズルのピース集め。多面的なネタだしをしよう!

ポジショニング思考 | 内定から逆算する『自己分析』の記事でも伝えてきましたが、就活は志望企業の求める人物像から逆算して話を組み立てることが大事です。

「挑戦」する人を求めている企業には挑戦したエピソードを、「協調性」を大事にしている企業には周りと協力したエピソードを展開していく必要があるのです。

この様に企業に合わせて強みやエピソードを逆算していこうとすると、自己分析の段階で『多面的』にネタだしをするべきです。

例えば野球部で2部リーグから1部リーグに昇格したエピソードがあるとしましょう。

多くの学生は1つのエピソードから1つの話しかネタだしをしません。例えば就活の軸を『自己成長』に決めてしまった学生は『自己成長』の切り口で文章を作ります。

ただ、その中には「自己成長」の話だけではなく「リーダーシップを発揮した経験」「チームプレーを大事にした経験」「挑戦した経験」「裏方として支えた経験」様々なネタがあるはずです。

たった1つの野球部で一部リーグに昇格したエピソードからも多面的見る事で、広くネタだしが出来ます。

本音軸に合わせて様々な業界や企業を幅広く受けるにあたっては、この多面的なネタだし。言い換えればパズルのピースを沢山集めれば集めるほど『面接における質問に答えられる確率を上げる』事が出来ます。

スポーツやゲームと同じで『戦略』や『武器』が一つでは勝つ確率を上げられません。複数の『戦略』や『武器』。就職活動に置き換えるなら幅広く、複数のネタ(ピース)があればあるほど内定率を上げる事が出来ます。

3-2.集めたピースを最後は企業から “逆算”してはめていく。

自己分析を多面的に行い、1つのエピソードからも幅広くネタだし(ピース集め)をしたら、それがあなたの”武器”になります。

最後はその集めたピースを企業の『求める人物像』や『業務』などから逆算して、はめていきます。

具体的には、以下のように取り組むと建前軸やガクチカに繋がる文章が作り易くなります。

例えばあなたの行きたいと思っている企業の「企業の社長メッセージ」「経営理念」「採用ページ」などを印刷してみてください。

そこには様々な企業の求める人材の情報が溢れています。ここの中にあるキーワードにマーカーを引いて、そこに付随する自分のエピソードを引っ張ってくるのです。

例えばトヨタのトップメッセージから一部抜粋すると以下のようなキーワードが見てとれます。

乗用車や個人向けにこだわらず、商用車や官公庁、法人から広げていく。単独開発にこだわらず、仲間と共同で開発する。特許を囲い込むのではなく、開放して仲間を増やす。クルマだけではなく、使い方とセットでシステムを売る。

つまり、これまでの発想を転換し、より幅広く、よりオープンに、より良い社会への貢献を追求することが、新しいビジネスモデルにつながるのではないか、との考えに至りました。

「発想の転換で新しいビジネスモデルにつなげていく」ということを言っていますね。ここのキーワードに付随する自分のエピソードを引っ張ってくるのです。

例えば「発想を転換して、部活の伝統的な年功序列の仕組みを変えたことで、1年生でも試合に出れるように組織を変革した。」

「コネクティッド・シティ」の発想で考えた時、これからの時代、トヨタ単独、クルマ単体では生きていけません。強みを持ち寄り、ともに競争力を高め合いながら協調できる「仲間」が必要です。また、CASEの進展とともに、時代は急激に「自動化」に向かって進んでいます。

この「仲間づくり」すなわち「アライアンス」の時代、そして「自動化」の時代を生き抜くためのヒントは、トヨタの原点であるTPSにあると思います。

他の部分も見てみると「仲間づくりやアライアンスの大切さ」も発信しています。

「陸上部の先生に依頼して、陸上部の練習メニューを野球部に導入した(外部に協力を仰いだ)」のように、それぞれのキーワードから連想されるエピソードを出していく、事前に集めたピースをあてはめていくのです。

これを繰り返していくことで企業の求める人物像に近いエピソードを事前に準備していくことが可能になる、行きたい企業からの逆算で対策を行う事が出来るようになります。

まとめ

就職活動は”最初”に『就活の軸』を作る人が大勢います。これは本当に勿体無い事だと思います。

何故なら『過去の経験』からしか業界選択や企業選択が出来なくなってしまうからです。

一方で学生は色が付いていないからこそ、無限に選択肢があります。過去に囚われず、『自分の本音』や『偶然』、『縁』も大事に広い視野で就活をして下さい。

そして、本当に『行きたい』と思った企業が出てきた時に『行ける確率』を上げる手段になり得るのが多面的な自己分析によるネタだし(パズルのピース集め)になります。

就活のゴールは『行きたい会社に行く事』だけで無く『行きたいと思える会社に”出会う”事』の両方だと私は考えています。

今回の記事をきっかけに”ほんの少し”就活生の視野が広くなり、偶然でも良い企業のとの出会いが生まれたら嬉しいなと思っております。

選択肢は無限大。是非”縁”も大事に就活を進めて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


21卒・22卒から勉強会の連絡がDMに沢山きていますが、LINE@で告知しているので興味がある方は「勉強会告知用LINE@」からご参加ください。


------------------------------

元人事のTwitter
▶︎https://twitter.com/aya_jinnji

YouTubeの解説動画はこちらから
▶︎https://www.youtube.com

Line@で個別質問箱はこちらから
▶︎https://lin.ee/2siuULy

-------------------------------

関連記事